呼吸の知識

呼吸が深くなると、心が安心する!

深呼吸をすると、リラックスでき安らいだ気持ちになりますよね。

呼吸の状態は心に直接的に関わります。

緊張感や不安感が強いときには、呼吸も浅くなっています。

人間は呼吸をして酸素を吸収しなければ生きていくことができません。

その大切な酸素が足りないという状況は、人体にとって心安らぐものではないでしょう。

ですから、深呼吸をするとその瞬間にリラックスできるのです。

慢性的に呼吸が浅く、それに気がついていない場合にはその分余計に不安を感じてしまっているということになります。

軽い不安感というのは、ソワソワした感じや落ち着かない感じと表現されます。

そんな些細なことでさえも、慢性的に発生していれば自覚ができないものです。

この隠された不安感は人を押しつぶしてしまうような強いものではありません。

基本的に楽しい状況にあっても、なにか少し落ち着かないような気持ちも出てきます。

明らかに不安な状況であれば、その不安は更に大きく深刻なものになります。

その不安がますます呼吸を浅くさせ、悪循環に陥ってしまうことがよくあります。

心は呼吸が深くなるだけで、安定するようにできているのです!

エネルギーの使いみち

精神活動にはどんな事であってもエネルギーを使います。

考える。楽しむ。怖がる。頑張る。そして不安を感じる事にもエネルギーは必要です。

不安という感情は、自分で好き好んでエネルギーを使うわけではありませんよね。

エネルギーを消耗させられてしまっているという方が適切でしょう。

その原因となる事の一つとして、呼吸の浅さが挙げられます。

もしも不安によって奪われていたエネルギーを他の事に使えるようになったら、どれだけ素晴らしいことでしょうか。

呼吸の改善はその分のエネルギーを直ぐに取り戻すことができる方法です。

楽しいときにはより楽しく、集中したいときにはより集中できるようになるのです。

もちろん、呼吸が浅い状態ではいくら「不安にならないようにしよう」と心で思っていても意識だけでは変えられません。

身体が危うい為に不安になっている事は生命として当然の反応なのですから、人間の生きようとする本能を意識で押さえつける事はできませんよね。

ここまでで呼吸が不安感や、それに準ずるエネルギーと密接に関わっていることがわかっていただけたことと思います。

-呼吸の知識

Copyright© 猫背を治す方法〜原因から改善方法まで〜 , 2019 All Rights Reserved.