呼吸の知識

全体呼吸!正しく深い呼吸のやり方とは!

あなたの呼吸をさらに万全にするために、呼吸の仕組みについて少しお話していきたいと思います。

これを勘違いしたままいると、おかしな呼吸を続けてしまう原因にもなりますのでしっかりと理解しておいてください。

胸式呼吸と腹式呼吸

一般的に胸式呼吸と腹式呼吸は

・胸をふくらませるのが胸式呼吸

・お腹をふくらませるのが腹式呼吸

と認識されていますね。

胸にある肺に空気を入れることになるので、胸式呼吸の認識は間違っていません。

お腹をふくらませるという意識は、少し違っているのです。

腹式呼吸のことをお腹に空気を入れる呼吸法だと思っていたのであれば、それは大きな問題です。

だってお腹に空気は入りません。

空気が入るのは肺だけなのです。

腹式呼吸で空気を吸う時にお腹が膨らむ理由は、肺のすぐ下にある横隔膜が下がって内蔵を押し下げているからです。

横隔膜が下がって肺を拡大することで空気を取り込みます。

胸式呼吸は助骨を開いて肺を拡大することで空気を取り込みます。

胸式呼吸の認識はあながち間違っていなかったのではないでしょうか?

一方、腹式呼吸でお腹に空気を取り入れるイメージを持っていると、身体は少しおかしな動作をしようとします。

お腹に空気が入ることは無いのに、空気を入れようと筋肉を動かしてしまうのです。

この意識の違いを知った上で、実際に腹式呼吸をやってみてください。

・お腹に空気が入るとイメージして大きく吸った場合

・横隔膜が内蔵を押し出して、結果お腹が膨れるとイメージして大きく吸った場合

違いを感じられましたか?

1度目は違和感を感じたり、苦しく感じがしたと思います。

一方で、横隔膜で内蔵を押し出す正しいイメージの場合、楽にできると思います。

お腹が膨らむ動き自体は同じ事なので、どちらでも腹式呼吸ができているのです。

けれどもやはり間違ったイメージで行うと、身体に無理がでて違和感や苦しさになります。

全体呼吸

あなたは、胸式呼吸と腹式呼吸とを全く別のものとして捉えているんじゃないかと思います。

腹式呼吸が健康に良いとか、心を落ち着かせるとか、そういった情報も多いですからね。

そして更に、

全体呼吸という、胸式呼吸も腹式呼吸も同時に行う呼吸があります。

つまり、この種類の呼吸はどちらかを選択して行うようなことではありません。

胸式呼吸のように助骨が開き、胸も背中も膨らむし、同時に横隔膜も下がって内蔵を押し出します。

押された内蔵は骨盤部分で吸収され、それでも足りない分だけお腹が膨らむのです。

ちなみに自然な呼吸、無意識での呼吸をしているときには、この全体呼吸になっています。

腹式呼吸は意識して行うもので、普段は胸式呼吸になっている。

そう思っていたのではないでしょうか?

普段の呼吸でも横隔膜は下がっています。

ただ、腹式呼吸のことをお腹が膨らむ呼吸、お腹に空気を入れる呼吸法だといったイメージを持っていたので、そういった認識になってしまっていたのです。

お腹が膨らんだり、胸がぐっと持ち上がる感覚だったり、一般的に言われている呼吸法のイメージはすべて、肺の容積を増やすための動作です。

胸式呼吸で胸を頭の方へ持ち上げるイメージを持つ時に、横隔膜が下から押し上げるイメージを持ってしまえば、実際にそうできます。

いろいろな情報が乱立していますが、全ての呼吸法に共通して肺の容積を増やすという事は意識しておいてください。

お腹をふくらませる為に胸を動かさずに呼吸するなんてことも間違っています。

これからは全体呼吸で、

鎖骨や背中も膨らむし、横隔膜も押し下げるイメージを持って呼吸をしてみましょう!

-呼吸の知識

Copyright© 猫背を治す方法〜原因から改善方法まで〜 , 2019 All Rights Reserved.